読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tex入門1(簡単な文書構造)

\documentclass[class-option]{class-name} %文書クラスの指定
<preamble>
\begin{document} %本文の開始
文書の内容
\end{document} %本文の終了

class-nameは文書クラス名。
(j)article
(j)report
(j)book
beamer

class-optionはオプション文字列。
文字サイズ:10ptなど
用紙サイズ:a4paperなど
用紙方向:landscapeなど
段組の数:onecolumn,twocolumn
titlepage

%はコメントを入力。

preambleの部分はパッケージの読み込みなどを行う。
たとえば、

\usepackage[option]{package}
packageは読み込むパッケージ名。 color graphicx optionはpackageに適用するオプション dvips dvipdfm

タイトルなどは次のようにする

\title{タイトル}
\author{著者1\thanks{所属先} \and 著者2\footnotemark[1]}
\date{日付}
\maketitle %タイトルや著者の表示
\begin{absract}
アブストラクトの表示
\end{abstract}

\documentclass[10pt]{article}
\usepackage[dvipdfm]{graphicx}
\title{No Tanioka, No Inmu.}
\author{NYCY\thanks{School of Physics} \and Sho Hara\thanks{Inmu University}}
\date{April 23, 2016}
% タイトルや著者の表示
\begin{document}
\maketitle 
\begin{abstract}
It is believed that the black-car collision is inevitable. 
By developing Miura theory, we succeeded in eliminating Tanioka's absence.
\end{abstract}
% テキスト
\end{document}


参考文献など
TeX/LaTeX [Junsei Chiba]
吉永 徹美『独習LaTeX2ε』(翔泳社、2008) 2章、3章